• hideo_ishizaki

徒と艶


処暑も過ぎたのにまだまだ暑い日が続きますね。

皆さんも体調などお気をつけて御過ごし下さいね。

さて、本日は

8/30~9/4迄新宿伊勢丹にて行われる

伝統とモダンの競演~京都展吉川染匠様とコラボレーションで作らせていただいた最新のお話です。

染匠と言うお仕事をなされている吉川博也様故の京都の伝統に対する姿勢や、京友禅への愛情、その他色々な情熱を感じ取り、同じ四代目としてこれは難しいけど凄く良い刺激を貰える方だとコラボレーションさせていただきました。

流石に京友禅の染匠さんだけあって色彩感覚が鋭く、色々なアドバイスや助言をいただき、本当に楽しい飴を作る事が出来ました。

今回はイベント分しか製作出来ておりませんが、いつもの如く原材料も吟味に吟味を重ねて京の飴いしざき120周年を飾るに相応しい飴が出来上がりました。

風味の方も二代目さんが残して置いた日に焼けた紙に書かれてた甘酒飴なども加え上品な味が引き出せております。

八種類の風味の二つがそれぞれ京友禅の巾着袋に入っております。

徒と艶の意味合いを色彩と風味で表現した飴となってますので是非とも二種類を見比べ食べ比べて楽しんでいただけたら幸いに思います。

イベント会場での販売は数量に限りがございますので御了承ください

#京飴京友禅伊勢丹

最新記事

すべて表示

東海地方の皆様

お待たせしておりました 誠に申し訳御座いませんでした 令和元年十二月十四日より愛知県名古屋市栄生の丸竹夷さんと言うセレクトショップで当店の飴をお買い求め出来る様になりました。 更に十四日からお店の方が歳末セールをしておられるらしく、他の物もお買い得になってるみたいです。 知り合いに見てきて貰った所、当店の飴は少し解りにくい最下段の隅の方に置いてあるらしいですが頑張って見つけてお買い求めください。

― 京の飴 いしざき ―

住所:602-8048 京都府京都市上京区下立売通小川西入る西大路町

140-141

 

tel:075−441−6610

FAX:075−441−8778

Email:info@gosyonoishi-honpo.sakuraweb.com

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean

© 2016 御所の石本舗 京の飴いしざき